一つの旗門に選手が二人?

 

アルペンスキーの常識から見ると、ちょっと不思議なこの写真。視覚障害のある選手と、その先導役であるガイドスキーヤーが、スラロームのコース上で美しく交錯した瞬間です。

 

パラリンピック出場をめざす選手たちと初めて出会った1997年の冬。あのときから、彼らが示すスポーツと人間の可能性の広がりに魅せられ、競技に向き合う選手たちの姿を追い続けてきました。その結果、素晴らしい瞬間に幾度も立ち会い、得難い経験を重ねられたことに、感謝しています。

 

そして今後は、自分自身の活動フィールドをさらに広げていけるように、これまで以上に努力していきたいと思っています。

 

堀切 功

堀切 功(ほりきり・いさお)

 

1965年生まれ。雑誌編集の経験を活かして、写真撮影や出版編集を仕事にしています。

 

詳しくは[プロフィール]をご参照ください。

ブログ最新記事

北欧の旅【9月19日/オスロ~コペンハーゲン~成田】 (木, 10 10月 2013)
>> 続きを読む

北欧の旅【9月18日/オスロ】 (木, 10 10月 2013)
>> 続きを読む

旧ブログ

こちらにもフォトギャラリーがあります